CHARIOLL

幾本もの細い金線を束ねて糾い、それをさらに束ねて糾い作られた、ケルトの装飾品「トルク」

現在のケーブルやワイヤーにも似たトルクの造形は、ケルト人が好んだ螺旋のモチーフを立体的に、かつ極限までシンプルに仕立て上げたもの。その造形美は、シンプルであるが故に普遍性を保ち、何よりモダンに新鮮に、シャリオールの目には映りました。ケルト人の“トルク”こそ、シャリオールが追い求めていた普遍的で独創的なモチーフだったのです。このモチーフをDNAにもつシャリオール製品は、時計、ジュエリー、レザーグッズ、ステーショナリー、アイウェアにまで、ラインを拡げ、そのコレクションはいまや5大陸にまたがる78カ国で販売され、グローバルなラグジュアリー・ブランドとしての地位を確立しました。